吉田 次郎

ARTISTS

吉田 次郎JIRO YOSHIDA

PROFILE


ギタリスト/音楽プロデューサー

福岡生まれ。
4歳でピアノ、5歳でクラシックギターを始める。
15歳の時にジョン・コルトレーンを聴いてジャズに興味を持ち、大学入学と同時に上京し、スタジオミュージシャンとして第一線で活躍する。

大学卒業後、’83年奨学金を取得しアメリカ合衆国バークリー音楽院に留学。卒業後は同学院の講師も勤める。

’88年NYマンハッタンスクールオブミュージックに於いて、コンポジションとアレンジメントの修士課程を取得。
本格的な音楽活動をNEW YORKに移し、オリバー・レイクやエディーゴメスといったハードコアなジャズから、ジョー・サンプル、ジョー・チェンバース、ブレッカー・ブラザース、マイケル・フランクス、リッキー・リー・ジョーンズ、セルジオ・メンデス、シンディー・ローパー、ピーター・ガブリエル、フィービー・スノウ、アリシア・キーズといったポップアーティストのレコーディングやツアーサポートまで幅広く活動。これまでに参加したアルバムは1万枚以上に及ぶ。

ギタリストとして、グループ“ニューサウンド・ワークショップ”を主宰し、実験的な音楽にも挑戦するなど、芸術家としての真摯な音楽活動も続けている。

音楽プロデューサーとして、カルロス・ジョビンへのトリビュート作「エアーズ・トゥ・ジョビン」(BMGビクター)でアストラッド・ジルベルトを起用。ニューヨーク・ヴォイセスとマンハッタン・トランスファーのジャニス・シーゲルを共演させたプロジェクト「トリビュート・トゥ・カーペンターズ」(キング)を完成させるなど、その幅広い人脈とアメリカの音楽業界に精通した活動で、在米日本人アーティストとして異色な才能を発揮。

音楽監督として、’95年National Geographic社(世界最高峰のドキュメンタリー制作会社)による記録映画「セイブ,レインフォレスト」の音楽が同年のグラミー賞にノミネートされる。

高いアレンジ能力を評価され、ケビン・コスナー主演「ダンス・ウィズ・ウルブス」、ブラッド・ピット主演「リヴァー・ラン・スルー・イット」のオーケストレーションを担当し、シカゴ響・LA響・ロンドン室内管弦楽等と共演。

コマーシャル分野に於いても、「ダイエットコーク」「シンガポール航空」「NEWYORK TELEPHONE」「JC PENNY」等、多数のCM音楽を手掛ける。

日本に於いては、東京佼正ウィンドウオーケストラのアレンジも担当し、全国の中学・高校の課題曲にもなっている。

また、’98年~2001年 報道・情報番組「ブロード・キャスター」のテーマ曲も制作。
異色では、イブ・サンローランのプロモーション音楽制作にて度々パリコレにも出席。

これまでに福山雅治、浜崎あゆみ、CHEMISTRY、相田翔子、今陽子、マリーン、石丸幹二、ケイコ・リー、須川信也、山形由美を始めとする邦人アーティストのレコーディング、ツアーサポートも数多く行う。

2000年、キングからポリスターレコードに移籍し、『イン・マイ・ライフ』を発表。インスト・アルバムとして大ヒットする。

世界的に有名なギターメーカー“タカミネ”よりJIRO YOSHIDAシグネイチャーモデルが発売される。

2001年、移籍後2作目『禁じられた遊び』をリリース。また、ファーストアルバム『マイ・ビーティング・ハート』に新しくエディ・ゴメスとのデュオを追加収録してリリース。

Mt. FUJI JAZZ FESTIVAL、モントリオールジャズフェスティバル、JVCジャズフェスティバル等、国内外のメジャーなジャズフェスに出演。

2002年、7作目となる『ミセス・ロビンソン』リリース。全国ツアーは大好評を博す。

またギタリストのバイブル「アコースティック・ギター・マガジン」にて“名手の軌跡”と題して特集される。

2003年、NHK人気番組「公園通りで会いましょう」グッチ・裕三氏のデイリーゲストとして出演。トークや演奏を披露。

同年5月、国際連合ニューヨーク本部から国連WAFUNIF親善大使に任命される。7月7日には国連本部内オーディトリアムに於いて任命式と記念コンサートが開催された。

2003年10月20日~24日、NHK人気番組『公園通りで会いましょう』のウイークリーホストを勤め、多彩なゲスト(八代亜紀、三宅裕司 他)と共に吉田次郎ワールドを繰り広げる。

2004年2月、『CUT BACK』リリース。

2005年10月、『メイドインニューヨーク』リリース。これまでの吉田次郎ワールドの集大成とも言える斬新な選曲、アレンジを前人未踏のアコースティックギターの超テク・サウンドで収録。

2005年、インターネットにおける人気ギターリスト第1位に輝く!

2009年1月~、サンヨー乾電池エネループのイメージキャラクターとしてテレビCMに出演。全ての音楽を担当する。

2009年5月、デイビット・サンボーン、ランディー・ブレッカーを起用したニューアルバム『PLATONIC』リリース。

2011年、全ての音楽を担当したサンヨーエネループのテレビCMが、コマーシャル大賞を受賞。

2011年4月、『THE LOOK OF LOVE』リリース。

2012年、『FORWINTER』リリース。

2013年、書籍、DVD、YouTubeと連動したソロギター名曲集を発売。

2014年3月、国内最大級の楽器専門検索サイト「デジマート」にて、吉田次郎T’s Guitars大特集。

2015年4月、ソニーレコードより、4月初ハイレゾ作品『A PASTEL SHADE』リリース。

2016年4月、ソニーレコードより、マリーン、クリヤ・マコトと共に結成した新ユニット「THREESOME」のアルバム『CUBIC MAGIC』リリース。
アルバムは大ヒットとなり、2016年度の最優秀録音賞に選出された。

2017年ハリウッド映画の音楽監督として、全編105カットにも及ぶオーケトレーションを制作する。

2018年、ソニーレコードより、「THREESOME」2枚目のアルバム『WHATEVER』リリース。

2019年、NYから精鋭を集結させた単独アルバム『RED LINE』リリース。

2020年、ミュージカルスター石丸幹二とのデュオアルバム『SOMETHING7S COMING』リリース。

2021年、LEXSUSの全ての「コミュニケーションサウンド」の開発を担当。

ナイロン弦、スチール弦のアコースティックギターやエレクトリックギター等のあらゆるギターで、クラシック、POPS、ヒップホップと幅広いジャンルを様々な奏法で演奏するエンターテイメントに溢れた吉田次郎のステージは、ジャズファンではないオーディエンスをも惹きつけて離さない。

LINKS